脂肪絶賛燃焼中♪

家の売却を考えているならば、一番初めにすることは不動産業者に相談しましょう。


土曜日, 2月 22nd, 2014

お知り合いの不動産業者の方がいれば依頼しましょう。しかし不動産業者と知り合いと言う方はそうは沢山いないでしょう。

家の売却には様々な専門的な手続きが必要になります。
法律、税金、その他支払いに関することなど専門的な知識が必要となります。
このような手続きを個人でより遂げることはできません。どうしても専門的な知識を持つ方に手伝ってもらって初めて契約が成立するのです。
それには手数料が必要です。つまり不動産業者に手数料を支払うことになります。これは欠かせない経費です。

家の売却時に住宅ローンは残っていませんか。上手くいけば売却したお金で残りのローンを支払うことができるでしょう。しかし、ローンが残ってしまうかもしれません。
売却には土地の権利書や建物の図面など手続きに必要な書類があります。きちんと用意しましょう。
また、家の売却を左右するのが土地の立地条件です。高く売れる土地かどうかと言う事も売却価格を左右します。これは
近所の不動産物件の価格を見るとおおよそのところをとらえることができます。

家の売却時の理由として最近多くあげられているのが「離婚」です。

家を購入する時に夫婦の共有財産とする場合が多いようです。しかし離婚となると共有財産は全て二分の一にします。
家を売却してその金額を分ければ問題はありません。しかし、一方が売買に反対することも多く見られます。家を取られれば住むところが無くなるわけですからそれはそうでしょう。一般的には母子が残る場合にこのような事が起きます。慰謝料代わりに残りのローンを夫が支払うと言う事もすくなくありません。
しかし離婚の原因は様々です。夫の借金が離婚の理由であったならばどうでしょうか。家のローンは見る見るうちに滞ってしまうことでしょう。いずれは競売にかけられることになりかねません。
このような事態になったならば速やかに弁護士に相談しましょう。
家の売却は生活する場を失うことになります。また懐かしい思い出も失うことになります。ただ単にモノを売ると言う事ではありません。思い出も売ってしまうことになります。

インターネットから同じような状況下にある具体例もあります。このような時にどのような対応を取るか知っておくことで判断を誤らないで済みます。情報収集をしましょう。

Leave a Reply